希望をもたらす光の色。
 日本では高貴な色として位置づけられていました。
 黄色は自律神経を刺激し、また進出色でもあるため、踏み切り、工事現場など
 安全を喚起するために使用されてます。
 レモンの爽快な香りはリフレッシュ効果があり、胃液や胆汁の分泌なども助けます。





意味



希望

自信

個人の意思

前向き

知性






心身への硬貨

対応部位

消化を促す
神経をリラックスさせる
神経を集中させる
糖の代謝を高める
皮膚を美しくする
リンパ系を活性化する


神経系全般
リンパ系

脾臓
すい臓
胆嚢
         

※病気が治るわけではありません。
※腹痛ののときや精神的に混乱しているときはさけてください。







食べ物 

パワーストーン 

香り

野菜 

ジャガイモ
とうもろこし  

トパーズ
シトリン
琥珀など

レモン
グレープフルーツ
レモングラス
カモミール
      

果物

バナナ
レモン
グレープフルーツ
パイナップル
洋なし 

油 

コーン油
ひまし油

豆・穀類 

大豆
ひよこ豆
大麦
小麦



神経を集中・休息したい時、消化を促したい時、また自己実現したい時、自信をつけたい時
黄色の力を借りてください。
 





色の取り入れ方



@その色を意識する。
A着る・身に着ける。(服・パワストーンーンなど)
Bその色の食品を食べる・飲む
Cその色の香りを取り入れる(アロマ)
Dその色のお風呂につかる(カラーバス)
Eその色を頭の中でイメージする。 





戻る


inserted by FC2 system